ラスベガス発!
チャーター車両で行くサウスダコタ観光
お問い合わせ

チャーター車両で行くサウスダコタ観光

ラスベガス発!

チャーター車両で行くサウスダコタ観光

これがマウントラッシュモア!

  1. 標高1707mのブラックヒルズの岩山の頂上に描かれた4人の大統領の景色を誰もが何かで見た事があるはずです。そこはマウント・ラッシュモアと呼ばれ、サウスダコタ州の中にあります。
  2. 4人の大統領は向って左から初代大統領のジョージ・ワシントン、3代大統領のトーマス・ジェファーソン、26代大統領のセアドア(テディー)・ルーズベルト、16代大統領のアブラハム・リンカーンです。マウントラッシュモアの4つの顔はそれぞれが額から顎まで18メートルになり、アメリカの基礎を築いた偉大な4人の大統領は民主主義の殿堂として、自由の女神と並び称されるほど人々に親しまれています。最初の計画ではルーズベルトは入っていませんでしたが、スペースの関係で追加されたと言われております。当初の予定では全員の腰くらいまで彫る予定だったそうです。
マウントラッシュモア

クレイジーホースは知っているかな?

1948年、ラコタ・インディアンの酋長スタンディング・ベアは、「インディアンにも偉大な英雄がいることを白人達に知って欲しい」と、彫刻家コーチャック・ジオルコウスキーにマウントラッシュモアよりも大きな彫刻を造ってくれるよう依頼しました。それがクレージーホースです。クレージーホースは1876年に政府軍がブラックヒルズからスー族を追放しようとした時にカスター将軍および合衆国第7騎兵連隊を撲滅した勇敢な戦士と言われております。

このクレイジーホースはマウントラシュモアから29Kmしか離れていないところに位置し、顔の大きさが9階建ての高さに匹敵すると言われております。1982年にコーチャックが74歳で死去しましたが、製作開始から50年以上を経ても、彼の遺志をしっかりと引き継ぐ5人の息子と5人の娘が今もなお製作中です。完成すれば高さ170m、長さ195mのでマウント・ラッシュモアのおよそ40倍の大きさとなる世界最大の彫刻になるそうです。政府からの援助はいらないという彼らの要望により、まだ顔の部分しか出来ておらず、今後も100年以上の年月が掛かると言われておりますが、果てしない夢に向かって作業が進むこの素晴らしき男のドラマをご自身の目で見てみませんか。

クレイジーホース

サウスダコタは自然の宝庫

サウスダコタは自然の宝庫
マウント・ラッシュモアとクレイジーホースだけでもインパクトは十分ですが、それ以外にもバッドランズと呼ばれる名前とは似つかない幻想的で素晴らしい国立公園やウィンドケーブと呼ばれる176キロメーターにも及び世界で6番目に長い鍾乳洞があります。

上記以外にもデビルズタワーと呼ばれる国立モニュメント等もあり、人口わずか76万人の州にしてはレクリエーション施設が驚くほど充実しています。夏場はキャンプ、ハイキング、ハンティング、フィッシング、マリンスポーツ、冬場はスノーモービル等が楽しめます。

行程表

1日目

1 午後 ラピッドシティーに到着
バッドランズ国立公園到着
バッドランズ国立公園観光後、ラピッドシティ内ホテルチェックイン及び就寝

2日目

1 午前 ラピッドシティ内ホテル出発
デビルズタワー国立モニュメント観光
2 午後 デッドウッドの町を観光
デッドウッドの町を観光後、デッドウッド内ホテルチェックイン及び就寝

3日目

1 午前 デッドウッド内ホテル出発
マウント・ラッシュモア国立モニュメント及びクレイジーホース・メモリアル観光
2 午後 カスター州立公園観光
ウィンドケーブ国立公園観光
3 夕刻 マウント・ラッシュモアのライトアップセレモニー鑑賞
ライドアップセレモニー後、ラピッドシティ内ホテルチェックイン及び就寝

4日目

1 午前 ラピッドシティ内ホテル出発
ニードルス・ハイウェイ‐アイアン・マウンテン・ロード観光
2 午後 フォート・へイズ観光、その後は自由観光
自由観光後、ラピッドシティー内ホテルに戻り就寝

5日目

1 午前 ラピッドシティー空港よりサウスダコタ出発
料金
USD000.0~

催行日

ツアー催行を休止中

所要時間

4泊5日

交通機関

チャーター車両

食事

お問い合わせ下さい

ガイド

日本人ドライバーガイド同行

注意事項

事故防止柵等が無い所もあるので足もとには注意が必要、足場の悪い所もあるので歩き易い靴が必要、夏場は暑く、冬場は寒いので時期にあった動き易い服装が必要

ページトップへ